井原市民生委員制度創立100周年記念大会

今日は井原市民生委員制度創立100周年記念大会に参加してきました。

民生委員は岡山県が発祥の地だと言われています。

大正6年にでき、それから100年も続いているとは、これまで受け継がれてきた思いのすごいさを感じました。

また、記念講演では、竹内昌彦先生による

「私の歩んだ道-見えないから見えたもの-」

という講演が行われました。

とても感動的なお話で、涙を流しながら講演を聴かせていただきました。

講演ではたくさん印象に残る内容があったのですが、その一つに次のようなものがありました。

竹内さんは学生の時、先生の教え方が素晴らしく、成績が5をとれるほど賢くなったそうです。

しかし、先生は

「これは本当の5ではない。これは自分だけ頑張った5である。みんなのために使わない5は意味がない。これからは本当の5が取れるような人間になりなさい。」

とおっしゃられたそうです。

勉強をするのは、人のため、立派な人になるためだというのです。

この話にはすごく感動いたしました。

私も今後はそのような指導者になりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です