2018.10.16 幼稚園教育発表会

先日、青野幼稚園と野上幼稚園との合同で行われた幼稚園教育研究発表会を見学に行ってきました。

研究主題は「心身ともに たくましく遊ぶ幼児の育成」交流保育や幼少連携を通じて

でした。

青野幼稚園の園児6名と野上幼稚園の園児2名が一緒に授業を受けるというものでした。

その中でも特に、興味があったのは、この2園がスカイプを利用しテレビ電話でお互いに交流しているというところです。

今後、少子化が進む中、小規模学校や少人数クラスが増加してくることが予想されます。

そうした中、テレビやモニターを利用した遠距離授業というものを今後考えていかなければならないのではないかかと私は考えております。

そこで、この研究発表会でどのようにテレビ電話で交流しているのかが気になりました。

実際、どのように行われているかをみることはできませんでしたが、園長先生からお話を聞くことができました。

この交流授業は年間17回行われており、その前後3回程度テレビ電話で幼稚園どうしをつなぎ園児たちが交流をしているそうです。

青野幼稚園の園児たちも野上幼稚園の園児たちもお互いに刺激しあい、共に良い影響を与え合っているということでした。

そして、交流授業で一緒に授業をするときにはとても仲良く、まるでクラスメイトのように遊ぶことができるということでした。

また、このテレビ電話システムを用いて教師同士も打ち合わせを行っているようで、移動をせずに会議ができることも非常に便利であるようです。

このテレビ電話を用いたやり方はには大きな可能性を感じることができました。

この仕組みや生徒たちの関係性を小学校に上がってからも続けていけるといいと思いました。

しかし、後日園長さんと話した時、小学校ではカリキュラムが学校で異なるので難しいという話をされました。

せっかく、幼稚園でいい取り組みをされているのに、残念に感じました。

まだまだ、課題はあるようですが、ぜひ今度は小学校の授業において、このような取り組みの研究をしていただきたいと思います。