2021.3.4 一般質問 シティプロモーション事業の取り組み方法について

このたびは、シティプロモーション事業について質問しました。

現在、美星観光協会と市が中心となって、アジア初の「星空保護区・コミュニティー部門」の認定を目指し取り組んでいます。

この認定が受けられれば、美星の星空は世界的に有名になるように思います。

そこで、今後はこの美星の星空を中心にブランディングを行い、井原市の認知度を高めることが必要だと考えました。

そのためにも、まずは井原市民への周知を行い、また、星空メインのブランディングを行うことの合意を得ることが今後のシティプロモーションには必要であると考えたので、質問させていただきました。

市民の理解と協力無くしては、この事業の効果も半減してしまいます。

井原=星空といったブランディングは、今後の井原市の知名度向上には非常に有用であると考えます。

市民の理解を得ながら、官民一体となって進めていくよう、市のほうに提言いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください